1. HOME
  2. ブログ
  3. フォトウェディングの落とし穴2選

フォトウェディングの落とし穴2選

最近暑くて夏バテになっていませんか?
カメラマンのくるさんです。

いま働いているホテルの近くでは警察官の方が日夜問わず巡回をされています。
そう、週末に迫っているG20の影響です。
大阪市内の主要な駅でも警察官の方を見ることが多くなりました。
この辺りは特に警戒態勢が厳しく、1000人態勢での警戒になるようです。
世界の首脳陣の話し合いに実りがあることを願ってます。

さて、みなさんはフォトウェディングをする際、何を重視して写真スタジオを選びますか?
価格?写真の内容?スタッフの対応?

多くの方が「価格」を見て選ばれることが多いと思います。
フォトウェディングをするカップルは経済的理由で結婚式はせずに写真だけは残しておこうという方が多いからです。

フォトウェディングをしたくてネット検索をかけると
「格安フォトウェディング」「格安プラン」
といったワードをよく見かけます。

いろいろHPを見てみると1万円や8千円、中には5千円といった格安プランを見つけることができました。

実際、フォトウェディングの相場は
・スタジオ撮影の場合 3万円~10万円
・ロケーション撮影の場合 10万円~25万円
と費用がかかってくるところが多いです。

そう考えると1万円以内で出来るフォトウェディングのプランは格安のプランだと言えるでしょう。
本当にそんな価格でフォトウェディングが出来るの?と疑ってしまったりもします。
そういった「格安」というワードでお客様が後々困る「フォトウェディングの落とし穴」を紹介します。

格安と謳われている場合、何かしらの制限や条件があると思ってもいいでしょう。

・期間限定でのプラン

これは人気の無い時期や季節、曜日などがあげられると思います。
例えば、平日限定や8月や1月など、撮影をあまりされない時期がこういったプランキャンペーンに組み込まれたりします。
実際、阿部写真館でも7月、8月はキャンペーンで通常よりかは少しだけお安く撮影ができたりします。

期間限定の場合に気を付けなくてはいけない点は、撮影希望の日程に適応できるかどうかです。
土日祝は人気で、追加料金がかかるので、平日限定プランとして格安プランになっているかもしれません。
これからの時期のように、真夏は暑いから、真冬は寒いから…といった理由で格安になっているかもしれません。

自分たちが撮影したい日程がどうしても期間と合わないとなった場合、
追加でいったいどれぐらい料金が発生するのかを確認すべきでしょう。

数万円も差が出る…といったこともあるので、結局は格安にならずに通常よりも高くなってしまった…なんてケースも少なくありません。

・必要最低限のセット内容

格安プランの多くは、必要最低限のモノしか含まれていないケースが多かったりします。
撮影代・衣装代は含まれているが、ヘアメイク代は入っていないとか、小物は別料金といったプランも多く感じます。
撮影するにあたって、ヘアメイクも小物も重要なモノです。
なので、その辺りも含まれているかの確認や、追加料金の場合はいくらになるのかの確認は絶対にしてください。

必要最低限のセットの場合衣装のランクにも制限があることが多いようです。
そのおかげで撮影が終わってから衣装が気に入らないといった不満も多いみたいです。

せっかく撮影するからには誰もが希望通りの撮影がしたいですよね。

ではどうすべきなのでしょう?

①プラン内容の詳細をチェックしましょう。
選べる衣装のランクやグレードは勿論のこと、撮影された写真の貰えるデータ数やアルバム制作があるのかどうか?
小物の持ち込みがOKかどうか。
プランの詳細のチェックをすることにより後悔ポイントは減ることでしょう。

②追加料金の発生ポイントを確認しましょう。
撮影するカット数やアルバム制作、衣装のランク上げや持ち込みについてなど、様々な料金がある場合が多いです
追加希望があった際にどういった内容で金額が加算されるのかを詳しくスタッフに質問してください。


回避方法のまとめとしてはキチンと料金プランの把握をして、場合によってはスタッフに詳しくプラン内容を説明してもらって、
予算に合う方法をとることでしょう。


誰もが納得できるフォトウェディングをしたいはずです。
後悔の無いように落とし穴にハマらず、納得のできるフォトウェディングをしてください。